山里の訪問診療2019春①

なんと今日は、 看護師さんが二人共、 急な親戚の御不幸で有休。 本当に 久しぶりに 一人外来。 一人訪問診療。 そう言えば、 3年前、水害があった頃、 私の診療所は、看護師1名だったな。。 一人外来、一人訪問診療は当たり前だったから、急患も焦らず騒がず熟せます。 午後、一人訪問診療、40km。 訪問先の患者さんは皆、 同じセリフ。 「まあまあ、そりゃ先生も大変。 悪いね〜、わざわざうちに来てくれて。ありがとう。ありがとう。」 今日はここに、 暖かい春と 菜の花の間から チラッと現れるいつものお医者が、 野道を駆け巡ります。 #山里の訪問診療

院長の独り言2019.04.8

これは、 本人の許可を貰って書くことにした 『親友について」 です。 是非、読んでください。 ーーーーーーーーーーーーー この写真は、 その親友と一人娘の晴れやかな入学式の写真です。 しかしながら、 この日のこの写真には、涙無くして語れない「親友」の9年の感動の月日が詰まっています。 彼は、同じ日田市内で、200年の歴史を持つ老舗の醤油会社4代目を次男として営む45才。 実は、彼の父も私の父の小学校/中学校の親友で、2代続く付き合いとなりました。 決して、ネガティブな発言や行動が無く、むしろ、 「なんであんなに面白いのか、明るいのか、ふざけてるのか」 と思っている人がほとんど。(その点で、私と合うのでしょうが) また、「それでいいのだ」と思うのも私と一緒。 しかしながら、彼は決定的に私より人として秀でている理由があります。 彼は、9 年前に長男を不慮の事故で亡くしました。 それは、真に彼の人生を大きく変えました。同様に弟を亡くした娘さんも同じです。 思いもしない人生の歪。 以来、彼は、一人で娘さんを育てることとなります。 二人の人生は二人三脚。 豆田と言う美しい町で、心汚れることなく、楽しく、面白く、 伸び伸びとした子育て。父への愛情。 しかし、現実的には、家事に会社。 男性には一番ハンディのある「衣食住そして学」 でも彼は、私には到底できないこの4点を10年余、やってのけました。 その裏には、 「どこに出しても恥ずかしくない娘に育てたい」と言う、それはそれは強いタフマインドがあったからだと思います。 幼少から学童を経ていく過程で、勉学に優れる娘を

院長の独り言2019.04.08

私は、 "いい奴"が好き。 "いい奴"は時として、秘めた実力がありながら、チャンスが掴めず、それでも諦めない限りはいつかまた来るチャンスを待つしかない。 ましてや、 その数少ないチャンスに、たった一回のチャンスに実力を発揮できないなら、生き残ることはできない。 何度もくじけそうになった。 励ました。 旨いものを食べに連れてった、 洗脳した。笑 知り合って4年。 そうやってきた4年。 福岡ソフトバンクホークス 釜元豪。 昨日、初スタメン、初ヒット。 そして、今日、 初ホームラン。 今のホークス、 "次に期待しましょう" なんて言葉は無い。 結果のみ。 そんなチームで8年。 とうとうチャンスをモノにした。 今年。奴のユニフォームのお尻のポケットに、そんな私の願いが詰まった"お守り"を入れてくれてる。 嬉しい。 本当に嬉しい。 私は、 そんな日向に出れなかった "いい奴"を実力報われるまで、 応援する、とことん応援する。 追伸: "お尻のポケットにお守り"入れてくれてる "いい奴" がもう一人います。 甲斐拓也。笑笑 #院長の独り言

井上鶴川堂
大分県日田市
大鶴本町841-1
© 2020 井上鶴川堂

お問合せはお電話で

0973-28-2202