• inouekakusendo

令和2年7月豪雨について(7月7日午前8時)

豪雨、一夜明けました。

私の診療所は、朝倉、久留米、及び日田方面からの道は冠水と川の氾濫で四方向つぶれ、大鶴、夜明、東峰村が孤立状態です。

しかし、既に開院しました。

雨は断続的ですので、間を観て、訪問診療や公民館に回ります。もちろん一人で。従業員はみな、主婦。もしものことがあったらいけないので。。

豪雨であれ、被災であれ、私達医療人のファーストは、患者さん達の安否確認、搬送、そしてもちろん診察、投薬です。

四方ふさがりの通行止めの中、従業員、3人来てくれてます。

現在電話にて避難場所及び安否確認中です。

3年前の経験、、、薬切れや急病の患者さんの心労の経験を生かし、安全にかつ、確実に患者さんを救います。

因みに、

私、しばらく、福岡帰れません。。

正確に言うと、

"帰れない"ではなく、

"逃げてはならない"です。

とにかく

停電と水が心配です。

水が水でやられる。

電気が雷でやられる。

あっ、いかん!

ネガティブ発言。

今日も精一杯頑張ります。


9回の閲覧

井上鶴川堂
大分県日田市
大鶴本町841-1
© 2020 井上鶴川堂

お問合せはお電話で

0973-28-2202