• inouekakusendo

山里の訪問診療2016早春①:


依然、 看護師さんは見つからず。 たくさんの方が、 たくさんの時間を遣い、 たくさんの方に呼びかけしてくれています。 本当にありがたい。

現実として、例え、これから面接希望の方が来ても、現看護師さんの退職リミット3/19までに就職は無理であると判断しました。

しかし、 思えば、14年前、父が肺癌に罹患。 速攻で大学病院を離職、帰宅した時、 当時いた看護師さん2名は、2人共60歳代。 で、 訳も分からず、要領も悪く、 でも、一人で訪問診療に行ってた。

で、 初心に戻れ! と

3月から、 また、 ”一人訪問診療”を覚悟しました。

残るもう一人の看護師、事務だって、不安でいっぱいなはず。 過疎地医療の現実が怒涛の攻撃を仕掛けてくる。

でも、 別に俺が死ぬわけじゃない。 足もあるし、腕もある。 困難は多いけど、できることはもっとある。

意外とさっぱり決心がついたのか、 ここに書くことで、決心してるのか。

いずれにせよ、 4代目。 愚夫だが、賢妻もいる。 賢く優しい息子もいる。

そして、このままでポシャる家

系ではない。 シケた私を先祖は嫌いだ。 家族は嫌いだ。 そして誰より私が嫌いだ。

この故郷が例え、100人の村になろうが、 医者はいるのだ。

いつか、 この2016年春を思いだして、 きっと笑える日が来る。

そう思って、頑張ります。

#山里の訪問診療

96回の閲覧

井上鶴川堂
大分県日田市
大鶴本町841-1
© 2020 井上鶴川堂

お問合せはお電話で

0973-28-2202