• inouekakusendo

山里の訪問診療2016春⑪:


時々 この場所で懸命に働き、 何のために身体を酷使し、 結果、 その未来に何が待っていて くれるのか、 わからなくなることがあります。 思えば、 ここを出て行ったのは13歳の時。 以来、福岡→東京→久留米→福岡で20年。 で、 ここに戻ったのは、あれから30年。 で、ここ戻って15年でドンピシャ55年。 10年後、いやそれ以前に 息子たちは、私より早い時期に医道を目指し、ここを出ていく。間違いなく。 20年後、診療所はどうなっているかな。。 訪問診療してるかな。。 30年後、 俺? 今と一緒だな。 今と一緒でありたいな。。 で、 息子がきっと帰ってくる。 俺の生き方を見た息子は 必ず帰ってくる。 それで我が家は110年。

息子が成せば、5代目。 それから、 私、 やっと 遊べる、今から30年後。 30年もサッカーしような。

#山里の訪問診療

井上鶴川堂
大分県日田市
大鶴本町841-1
© 2020 井上鶴川堂

お問合せはお電話で

0973-28-2202