院長ブログ

山里の訪問診療2021春③

3年ぶりの規制フリーGWが終わりました。

帰省してきた息子達は、 喧騒の無い"里帰り"が大好き。

その楽しい時間はすぐに経ち、 昨日から診療を再開致しました。

で、 新たな訪問診療の依頼が2件。

ここでの高齢の方のケアは、まずはご家族の思案から。しかしながら、遠くに別居されるご家族が訪問できなかったこの2年。私達にもできることに限界があり、上質な環境ではありませんでした。

今年。 ここには沢山の里帰り。 と同時に、2年と言う月日が生んだ新しい展開もたくさんあります。

90歳代のご夫婦。 交通手段もなく、 かかりつけ医も 介護申請もなし。

本日、気分不良、動揺症で往診依頼あり、結果、別居の娘さん方の希望から、以後、訪問診療させて頂くことになりました。

驚いたのは家屋。 茅葺(かやぶき)屋根と思いきや、この御自宅は, "杉皮(すぎかわ)屋根。築140年。

この屋根同様に2人は、強く逞しく生きてこられました。

"この家もそろそろ手入れをせんといかん"、ポツリと一言。

同じ気持ちで、あなた方を診させて頂きます。

さあ、初夏! 田植えの準備も 始まりました。




アーカイブ
タグ
まだタグはありません。