top of page

院長ブログ

院長の独り言 2024.3.8

2024.3.8

今日、それはそれは、ありがたい進物が届いきました。毎年この時期に届く宝物。

"中山和道先生の庭で採れた夏みかんのママレード"

中山和道先生。

私が久留米大学病院第二外科に入局した30余年前の教授です。

私を入局に導いてくれた恩師。

加えて、亡くなった私の父の先輩で親友で、今の私がなんとかオールラウンドドクターになれたのも、この先生や第二外科の諸先輩のおかげだと思っています。

大胆不敵な性格、加えて繊細かつ卓越した技術、外科手術としては、難易な膵臓癌術者の草分け的存在で肝胆膵外科医として日本医学会にたくさんの功績を残された、今で言う "レジェンド"。

そんな先生から、

毎年頂く数限られた

ママレード。

父が亡くなる前、何度も何度も日田自宅に来て、診察をして、"よか!まだ大丈夫ばい!"と励ましてくださった。

また、父も

"俺かいなくなっても、なんかあったら、ナーちゃん(教授)に相談しろ。あと、ナーちゃんが元気な間は、毎年、俺の九州場所の席に招待しろ"

これが遺言になり、以来19年、教授は今も九州場所には着差されています。

今の医局の先生にとっては、入局した時には既にレジェンドであり、諸先輩の中には、"歳も召されたなあ。"と口にされる方も多いですが、現在も現役、久留米市聖マリア病院付属看護学校の教授であり、若い看護師達に

"病気を診るのではなく、人を看る" 教えを伝授されていることでしょう。

そして何より

私を変わらず、親友の跡取り息子、鍛え上げた弟子として、ずっと私の恩師でいてくれること。

それを真に心に回顧しながら、なんとも言えない甘酸っぱい、ほかには絶対ないこのママレードを頂く。

何ものにも変えがたい恩恵。

まいと

これほどの恩恵はない。

そう思う毎年の初




Comments


アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
bottom of page